aws運用ツールの種類と特徴は?選び方も紹介!

awsの運用ではツールを使用すると便利です。機能が優れているツールを使用すればawsについての知識があまりない人でも高度な運用をおこなえるようになります。エンジニアがawsを運用するときにもツールを活用していますが、aws運用ツールには種類があるのを知っているでしょうか。

この記事ではaws運用ツールの種類と特徴をわかりやすく解説します。

aws運用ツールには2種類ある

aws運用ツールは大きく分けると2種類あります。1つは昔からサーバー監視ツールと呼ばれてきた監視・運用のための基本ツールです。awsを運用するときには欠かせないツールで、サーバーエンジニアにとってはツールの使い方を身に付けていることが必須でしょう。

もう1つはawsに特化した運用自動化ツールです。運用に必要なスキルが少なくて済むだけでなく、自動化によって効率化もできる点で近年着目されています。awsを運用するときにはそれぞれの特徴を理解して導入を検討する必要があります。

監視・運用ツールと運用自動化ツールを併用することも可能なので、まずは特徴を詳しく見ていきましょう。

関連記事:awsの運用方法は本で学ぶべき?メリット・デメリットを詳しく解説!

awsの監視・運用ツールの特徴

awsの監視・運用ツールの特徴は、基本的にawsからメトリクスを取得してログを記録していく仕組みになっていることです。そのログに基づいてどのような対応が必要かをエンジニアが考えて対応していきます。メトリクスが一定の条件を満たしたときに自動実行されるプログラムを組んで効率化を図ることも可能です。

awsではCloudWatchというオフィシャルなaws監視ツールが搭載されていて、awsのユーザーは無料で利用することができます。そのため、CloudWatchを使い慣れているサーバーエンジニアは他のツールを使わずに監視・運用をしていることも珍しくありません。

機能も向上してきているので、awsを運用するときには第一選択になるツールでしょう。ただ、高度な監視・運用をするにはカスタマイズして利用できるツールの方が便利です。オープンソースで公開されているサーバー監視・運用ツールはたくさんあります。

昔から使われてきたツールも多く、aws用にカスタマイズされたツールも手に入りやすくなってきました。

オープンソースなので自由にプログラムを改変して使いやすくできるのがこのようなツールのメリットです。awsのシステムに特化して自動最適化できるプログラムを書くこともできるため、優秀なサーバーエンジニアは現場に合わせたツールを開発してawsを運用しています。

CloudWatchを利用する場合と異なり、高度なプログラミングスキルが求められますが、長期的に見ると運用効率が上がるのが魅力です。

awsの運用自動化ツールの特徴

awsの運用自動化ツールは管理ツールを兼ねているものがほとんどです。awsの運用を一つのツールで簡単にできるようにユーザーインターフェースも設計されています。自動化と銘打っているのは、awsの運用で必要になるさまざまな処理を自動化するスクリプトが搭載されているからです。

サーバーエンジニアがプログラミングをせずとも、リストから条件と対応を選んで設定するだけで自動対応のプログラムを組むことができます。障害対応やトラフィックの最適化などのさまざまな対応ができるのが一般的です。

awsの運用を人の手で進めていると莫大な労力と時間がかかりますが、大半は機械的に判定して対応を決められます。awsの運用自動化ツールはその点に着目して生み出された高機能ツールです。awsの運用自動化ツールには運用代行会社が独自に開発して契約者に対して提供しているものと、ツールとして販売されているものがあります。

運用自動化ツールはawsが登場した当初は運用代行会社のノウハウが詰め込まれた貴重なツールでした。しかし、awsの利用が進むにつれて各社が運用のポイントを理解している時代になり、ノウハウの意味が半減してきています。

そのため、使いやすさを重視したツールの方がニーズが高くなってきているのが現状です。そのため、ツールとして販売する戦略が生まれ、データの可視化やセキュリティ対策などの付加価値もある一元管理・運用ツールが登場してきています。

自動化機能もエンジニアでなくても使えるくらいに簡便になっているので人気が伸びてきています。

関連記事:aws運用代行の料金はどのくらいかかる?

aws運用ツールは開発可能

aws運用ツールは昔から使われてきた監視・運用ツールと近年になって登場した運用自動化ツールが主流です。しかし、aws運用ツールは開発可能なので、現場のニーズに合ったツールを開発して運用することもできます。

awsの監視を自動化し、運用はエンジニアがおこなうといった体制にするのであれば監視の自動化機能があって運用に必要なデータの取得や整理をしやすいツールが望ましいでしょう。システム開発会社に依頼すればカスタマイズされたaws運用ツールを開発して提供してもらうことができます。

awsの管理ツールとしても使いやすいようにインターフェースを設計してもらうと、現場での作業効率が向上するでしょう。使い手によって使いやすいユーザーインターフェースには違いがあります。自動化したい部分も現場によって異なるのが当然なので、カスタマイズされたaws運用ツールを使用するのがベストです。

ただ、システム開発会社に依頼する場合には数百万円の開発コストがかかる点には注意が必要です。長期的な視野でコストパフォーマンスを上げられるか、予算を組んで開発を依頼できるかが重要なポイントになります。

aws運用ツールの選び方

aws運用ツールは現場のニーズに合わせて選ぶのが最も重要です。高度なスキルを持っていて、awsのノウハウがあるサーバーエンジニアがいるならCloudWatchとオープンソースの監視・運用ツールを使って運用するのが合理的でしょう。

あまりエンジニアとして優秀な人がいない現場なら簡便に利用できる運用自動化ツールを導入するのが無難です。ツールを開発するくらいの予算があるなら、現場で運用を担当する人を集めて、システム開発会社に使いやすいツールを開発してもらうのが理想的でしょう。

関連記事:awsのlambdaを運用するメリットは?拡張機能の魅力も紹介

aws運用ツールは現場に合わせて選ぼう

awsの運用ではツールの使用が不可欠です。サーバー監視・運用ツールと運用自動化ツールのどちらが合うかは、実際に運用を担当する人によって違います。現場に合わせてツールを開発するのが理想的ですが、費用がかさむので難しい場合が多いでしょう。

運用を担当する人のスキルや業務効率を判断のポイントとしてaws運用ツールを選びましょう。