awsの運用方法は本で学ぶべき?メリット・デメリットを詳しく解説!

awsは導入するだけなら契約手続きをするだけなので簡単ですが、運用には知識や技術が必要なので準備を整えなければならないでしょう。まったく知識がない状況でawsを導入すると運用で苦労してしまい、想定していたような形でawsを活用できない可能性があります。

awsの運用方法は本で学べますが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

関連記事:aws運用ツールの種類と特徴は?選び方も紹介!

awsの運用方法はさまざまなレベルで本にまとめられている

awsの運用方法は本で学ぶことができます。awsが世の中に登場したときにはまだ運用方法をまとめた本がなく、awsのヘルプを参照したり、使い始めたエンジニアのブログを探したりしてノウハウを確認する必要がありました。

しかし、awsが世界的に有用な可用性の高いクラウドサーバーとして注目されて使われるようになり、現在では多くのエンジニアや経営者がawsの運用に関するノウハウを手に入れています。ノウハウを本にまとめて出版すればawsの普及になるだけでなく、本の著者は印税によって利益を得ることが可能です。

そのため、さまざまな立場の人がawsの運用に関連する本を出版しています。awsの運用方法を知りたいというニーズは多岐にわたっています。サーバーについての知識がないエンジニアがawsを運用できるようになりたいというのが典型的です。

もう少し高度になると、他のサーバーを運用してきた経験があるエンジニアがawsに特化したノウハウを知りたいというニーズがあります。

一方、まだエンジニアとして働いた経験がない人が、awsについて詳しく理解してサーバーエンジニアとして活躍したいと考えている場合も少なくありません。他にも経営者としてawsを導入したらどのような運用ができるのかを知りたいといったニーズもあります。

このようにさまざまなレベルのニーズに対して応えてくれる本が出版されてきています。

awsの運用を本で学ぶメリット

awsの運用について本を読んで学ぶのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。本を使うと既に体系化されている知識や技術を学べるのがメリットです。本として出版されるときには内容が慎重に吟味されています。著者の意見と一般的な事実がはっきりと区別できるように出版社が詳細を確認しているため、誤解を生むことがありません。

「この理論に従って運用すればトラブルが起こりにくい」、「この障害が発生ないようにするにはこの項目の監視をしなければならない」という基本を学ぶことができます。awsの運用に関連する本は初心者に優しいのもメリットです。

本を出版するときにはawsについて知識がほとんどない人をターゲットにしている場合がほとんどだからです。awsとは何かといったことから解説を始めている本が多くなっています。また、ターゲットがエンジニアなのか、経営者なのかといった点も明確に分けられています。

エンジニアがawsのスキルアップを目指すにも、経営者がawsの運用イメージをつかむにもぴったり合う本が見つかるでしょう。awsの概要やサービスについて知りたい場合にも解説している本があるので便利です。図を使って素人にも理解しやすいようにしている本が多く、特に初心者には本で学ぶ魅力があります。

awsの運用を本で学ぶデメリット

awsの運用方法は本で学べば良いと一概には言えません。awsを本で学んでも導入の可否を判断するほどの知識を得るのは難しいことがデメリットです。本が出版されるまでには執筆と校閲のプロセスがあります。本が企画されてからユーザーの手に届くまでには1年くらいかかることもよくあります。

awsのサービスは時々刻々と変わっているので、本に頼ってしまうと古い知識に基づいて考えることになるのは明らかでしょう。少し前までは実践的に有効だった方法も、今ではあまり意味がなくなっている可能性があります。

昔のawsでは導入価値がないと考えられたとしても、サービスの向上によって今では導入した方が良い場合もあるでしょう。実践的なスキルが身に付きにくいことも本で学ぶデメリットです。本で学べるのはあくまで知識なので、実践につながるとは限りません。

本で知識を付けたら実際に使ってみないとスキルとして身に付けることはできないでしょう。特にエンジニアは本で知識を得たことに満足してしまうと現場では役に立たない人材になってしまうリスクがあります。知識に基づくawsの運用の実践経験を積むことを重視するのがエンジニアにとっては欠かせません。

関連記事:awsのlambdaを運用するメリットは?拡張機能の魅力も紹介

awsの運用方法を本で学ぶときのポイント

awsの運用方法を本で学ぶときには、目的とレベルに合った本を選ぶのが最も大切なポイントです。awsを導入すべきかどうかを経営者視点で判断するために本を読むなら、経済効果やビジネスへの応用性について書かれている本を選びましょう。

エンジニアがawsの運用スキルを身に付けるために本を読む場合には、自分のスキルや経験に合っている本を選んで読み進めていくのが良い方法です。awsの運用をしているか、これからawsの運用をできるようになりたいと思っているかによって適している本は違います。

適切な本を選び出せなければ読んでもあまり大きなメリットにはなりません。本を読んで何を学び、何をできるようにしたいかを具体的に考えて本を選びましょう。

エンジニアはawsを本で学んでトレーニングしよう

エンジニアがawsの運用方法を本で学んだら、実践的にトレーニングをするのがおすすめです。本で学んだことを現場で的確に使えるようになるのは、実際に運用で応用した経験がないと難しいでしょう。

本にチュートリアルが記載されているなら、チャレンジして実際に試してみるのが良い方法です。また、awsでは公式チュートリアルも用意しているので、活用を検討してみましょう。本で身に付けたノウハウを使ってチュートリアルに取り組んでみると、実際にノウハウをどのように活用すれば良いかを理解できます。

awsの運用現場で働いているなら、学んだことをすぐに実践するのも効果的です。学んだことは使ってみなければ意味がないという意識を持って、日々トレーニングを積んで成長していきましょう。

awsの運用方法の基礎は本で学んで経験を積んでいこう

awsの運用方法に関する本はさまざまなニーズに合う形で出版されています。自分に合う本を選んで読みこなしていけばきっと役に立つでしょう。awsを導入したいと考えている経営者も、現場で運用をしているエンジニアも本を読んで学べます。

目的意識を持って適切な本を選ぶのが最も重要です。エンジニアは実践によるトレーニングも積んで、学んだことを生かしていきましょう。

関連記事:aws運用代行の料金はどのくらいかかる?